「核医学」の記事一覧

副甲状腺シンチ(MIBIシンチ)の画像診断

核医学

副甲状腺シンチ 原発性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺病変の局在診断には、主に超音波検査と99mTc-MIBIシンチグラフィが用いられる。 原発性副甲状腺機能亢進症において、単発腺腫の診断の感度は、超音波が72-89%・・・

腎静態シンチグラフィの画像診断

核医学

腎静態シンチグラフィ 99mTc-DMSAを用いる。 148MBq静注2時間後に低エネルギー用高分解能コリメータにて、仰臥位にて後面を撮像する。 99mTc-DMSAは腎実質に均一に分布する。 正常では、静脈注射後2時間・・・

蛋白漏出性胃腸症シンチグラフィの画像診断

核医学

蛋白漏出性胃腸症シンチグラフィ ・蛋白漏出性胃腸症は消化管粘膜より管腔内にアルブミンを主とした蛋白が漏出するために、低タンパク血症を伴った病態であり、主症状は浮腫である。 ・蛋白漏出性胃腸症の診断は、a1-antitry・・・

ページの先頭へ