Sponsored Link

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]蜂窩織炎[/colored_bg]

・疎性結合織の細菌による急性の炎症性疾患。熱感、潮紅、浮腫が目立つ。

・境界不明瞭な局所の発赤、拍動性疼痛。

・原因は好気性菌が主で、ブドウ球菌や連鎖球菌が多い。

・外傷、糖尿病、飲酒、静脈うっ血などのリスクファクターを問診する。
Sponsored Links

[colored_bg color=”gray” corner=”r”]治療[/colored_bg]

・治療は抗生剤の投与。創部の処置。

・炎症が重症の場合は入院適応
セファメジン(R) 1g/V 1V +生食50ml 点滴1日2回

・外来治療が可能なとき
ケフラール(R) 250mg 3CP分3 経口 7日
→1週間以内に皮膚科外来受診指示

 

※セファメジン(Cefazolin)→第1世代セフェムの注射剤

ケフラール→第1世代セフェムの経口剤

Sponsored Link

 

関連記事はこちら