Sponsored Link

脊柱管狭窄の原因は?全体像!

脊柱管狭窄の全体像は次のようになります。

特に何が原因で起こるのかは1つ1つ考えながらチェックしておきましょう。

脊柱管狭窄※クリックすると拡大します。

脊柱管狭窄の原因はおおまかに下記のように分類されます。

脊柱管狭窄の原因

脊柱管狭窄の原因には以下のものがあります。

文字で見ているだけじゃ、わかりにくいので、実際の画像を見ながら理解していきましょう。

ここでは横断像と、矢状断像を用いて理解していきます。

横断像

canalstenosis1

何がどうなれば脊柱管が狭くなるでしょうか?

その前に解剖の復習

canalstenosis2

  • 髄核(椎間板)
  • 後縦靭帯
  • 椎間関節
  • 黄色靭帯

があります。

脊柱管が狭窄するのは、それぞれの解剖物が脊柱管を邪魔するように肥厚したり、突出すればいいですね。

次のようなときに脊柱管は狭窄します。

canalstenosis3

 

  • 髄核:後ろまで出てくれば脊柱管は狭窄する。(膨隆、ヘルニア)
  • 後縦靭帯:厚くなれば脊柱管は狭窄する。(肥厚、骨化)
  • 椎間関節:厚くなれば脊柱管は狭窄する。(肥厚)
  • 黄色靭帯:厚くなれば脊柱管は狭窄する。(肥厚、骨化)

これを見ながらMRIの画像を見ればわかりやすいですね。

続いて矢状断像で見てみましょう。
矢状断像

canalstenosis4

何がどうなれば神経孔が狭くなるでしょうか?

その前に解剖の復習

canalstenosis5

  • 椎体
  • 黄色靭帯
  • 椎間関節
  • 髄核(椎間板)

があります。

脊柱管が狭窄するのは、横断像同様に、それぞれの解剖物が脊柱管を邪魔するように肥厚したり、突出すればいいですね。

次のようなときに脊柱管は狭窄します。

canalstenosis6

  • 椎体:後ろに骨棘ができれば狭窄する。(変形性脊椎症)
  • 黄色靭帯:厚くなれば脊柱管は狭窄する。(肥厚、骨化)
  • 椎間関節:厚くなれば脊柱管は狭窄する。(肥厚、骨化)
  • 髄核(椎間板):後ろまで出てくれば脊柱管は狭窄する。(膨隆、ヘルニア)

これだけじゃなく、次のようなときにも狭窄します。

canalstenosis7

まずは椎体の辷り症です。

椎体がすべれば狭くなります。

つまり、椎体が配列異常を起こすと狭くなります。

canalstenosis8

また、椎間板の変性により、椎間板腔の幅が減れば狭窄します。

これを椎間板腔の減高と言います。

この記事で用いた色付きのMRI画像はこちら

こちらにもイラスト入りでわかりやすく解説しました。

脊柱管狭窄症とは?ヘルニアなど原因を徹底まとめ!

最後に

脊柱管狭窄の原因についてまとめました。

  • 椎体
  • 黄色靭帯
  • 後縦靭帯
  • 椎間関節
  • 髄核(椎間板)

これらの解剖を意識してMRI画像をチェックしてみましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら