Sponsored Link

縦隔成熟嚢胞性奇形腫(mature cystic teratoma)

・性腺以外に発生する胚細胞腫瘍はextragonadal germ cell tumorsとよばれる。

・胚細胞腫瘍の1-3%を占める。奇形腫と悪性胚細胞腫に大別される。

・奇形腫は頻度が高く、前縦隔腫瘍の20%を占める。

・但し、奇形腫の3-8%は後縦隔に発生する。

・3胚葉のうち少なくとも2胚葉以上に由来する組織を含む腫瘍。嚢胞形成は典型的であり、壁は背の高い粘液分泌上皮細胞により裏打ちされている。

・概して良性腫瘍であるが、時に悪性化(malignant transformation)し、扁平上皮癌や腺癌などが生じることがある。

・合併症には感染の他、特に胸腔内、心嚢腔内、肺内に奇形腫が穿破することがあり、緊急を要することがある。(卵巣病変と異なり膵組織を含むことが多く、穿破により肺炎、胸膜炎や心膜炎、縦隔炎を起こす。)

・穿破や破裂を来す縦隔病変は奇形腫の報告が大多数。他、胸腺嚢胞、胸腺腫、カルチノイドなどで報告あり。

画像所見

▶CT所見
・一般に内部不均一な吸収値を呈し、壁はやや厚く、嚢胞性成分を主体とした嚢胞性腫瘤を呈することが多い。

・嚢胞部分は多房性が多いが単房性のこともある。

・脂肪と水の境界がfat-fluid levelを形成することは奇形腫に極めて特徴的とされるが、CTでは認めることはそれほど多くない。

石灰化を伴うことがあるが、時に歯牙を思わせる粗大な石灰化を伴うことがある。

関連記事)CTの横断像による縦隔の区分は?

▶MRI所見
・T1WI,T2WIともにさまざま。

・特に脂肪成分を反映して、T1WIにて高信号を示すことがある。出血性成分等でも同様の所見を呈するため、脂肪抑制T1WIを追加する。

Sponsored Link

症例 20歳代男性 検診で指摘された。

mature cystic teratoma(2009年放射線科診断専門医試験問題21より引用)

前縦隔に脂肪を含有する腫瘤性病変あり。成熟型奇形腫を疑う所見。

症例 10歳代女性 突然出現した胸痛

mature cystic teratoma

放射線科診断専門医試験問題2010年29番より引用。

脂肪成分を含有する前縦隔腫瘍であり、成熟型奇形腫を疑う所見。突然胸痛を認めており、胸腔内への穿破か。

症例 20 歳代の女性。健診の胸部 X 線撮影で異常を指摘。

MATURE TERATOMA2014年放射線科診断専門医試験問題22より引用。

縦隔腫瘤あり。石灰化を有しており、年齢からも成熟奇形腫を疑う所見。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら