Sponsored Link

胸水の鑑別

漏出性胸水(transudate, タンパク質<30g/L)

・心不全
・肝不全
・ネフローゼ症候群
・Meigs症候群

滲出性胸水(exudate, タンパク質>30g/L)

・感染症
・悪性腫瘍
・肺梗塞
・膠原病
・横隔膜下膿瘍
・膵炎

Light分類

胸水pH<7.2 → 膿胸

胸水蛋白/血清蛋白 ≧0.5
胸水LDH/血清LDH ≧0.6
胸水LDHが血清LDH正常上限の ≧2/3(164)
いずれか1つ満たせば滲出性胸水と診断

出血性胸水(hemorrhage)

・気管支原性肺癌
・外傷
・肺梗塞
・出血性疾患

乳靡性(chylous)

・胸管の閉塞:外傷、悪性腫瘍の浸潤、フィラリア症による。

胸腔外の疾患由来の胸水

・膵炎:左優位。胸水中のアミラーゼ上昇。
・横隔膜下膿瘍
・腹部手術後:手術を受けた側が多い。2週間で消失。
・Meigs症候群:胸腹水+良性の骨盤内腫瘍(卵巣線維腫、莢膜細胞腫、顆粒膜細胞腫、嚢胞腺腫など)
・ネフローゼ症候群
・体液過剰
・肝硬変

レントゲンで胸水しか認めないときに考える疾患

感染

・一次性結核:小児より成人に多い。まれに両側。
・ウイルス性肺炎、マイコプラズマ肺炎:胸水は10-20%で見られる。

腫瘍

・気管支原性肺癌:10%に胸水。
・転移:乳癌>膵癌、胃癌、卵巣癌、腎癌
・中皮腫:90%に胸水。大量が多い。
・リンパ腫:30%に胸水。

免疫

・SLE:10%で胸水が唯一の所見。通常少量。50%で両側。
・リウマチ様疾患:リウマチ患者の3%に胸水。男性。片側性。

その他

・肺動脈塞栓
・外傷
・アスベスト肺

参考)所見から考える画像鑑別診断ガイド

Sponsored Link

 

関連記事はこちら