Sponsored Link

甲状腺機能異常の代表的疾患

甲状腺機能亢進症

  • Basedow病
  • 破壊性甲状腺炎
  • Plummer病
  • 中枢性甲状腺機能亢進症
  • 妊娠甲状腺中毒症
  • リチウムなどによる薬剤性甲状腺機能亢進症
  • 卵巣甲状腺腫 など

甲状腺機能低下症

  • 慢性甲状腺炎(橋本病)
  • 先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)
  • 異所性甲状腺腫
  • 中枢性甲状腺機能低下症 など

甲状腺シンチの摂取率(123I、99mTc-pertechnetate)の正常範囲

  • 123Iの摂取率24時間値は10〜40%
  • 99mTc-pertechnetate(パーテクネイト)摂取率は0.5〜4%

を正常範囲としている。

症例 60歳代女性 甲状腺中毒症の鑑別(Basedow病)

thyroid scinti

甲状腺両葉に集積増大を認めており、total thyroid uptake=79%。

Basedow病を疑う所見。

症例 40 歳代男性

職場の健康診断で甲状腺腫大を指摘され精査目的に受診.頸部超音波検査にて甲状腺右葉に 5 cm 大の腫瘤性病変を認めた. 99mTc-pertechnetate 甲状腺シンチグラフィを示す.最も考えられるのはどれか.1 つ選べ.
a. Basedow病
b. Plummer病
c. 乳頭癌
d. 髄様癌
e. 悪性リンパ腫

plummer disease scintigraphy 99mTc-pertechnetate

10回核医学専門医試験問題55より引用。

甲状腺右葉に円形の集積亢進あり。

Plummer病を疑う所見です。

症例 60歳代女性 無痛性甲状腺炎

silent thyroiditis

甲状腺両葉に集積低下を認めており、total thyroid uptake=0.17%。

無痛性甲状腺炎を疑う所見。

破壊性甲状腺炎とは?

  • 炎症性甲状腺疾患→甲状腺組織の破壊→貯蔵甲状腺ホルモンが放出→甲状腺機能亢進症を起こすもの。
  • 亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、急性化膿性甲状腺炎、橋本病の急性増悪といった種類がある。
  • 甲状腺シンチグラフィで典型的には甲状腺はほとんど描出されない。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら