Sponsored Link

子宮筋腫(uterine myoma/leiomyoma)

・子宮筋層を構成する平滑筋に発生する最多の子宮腫瘍

・性成熟期女性の20〜40%に発症する。

・発生・発育・消退は女性ホルモン、特にエストロゲンに強く依存し、初経後に発症し、閉経後に縮小する。

鉄欠乏性貧血、不正性器出血、過月経、月経困難症、不妊を主訴とする。

・内診で形状不整で硬く腫大した子宮を触れる。

・検査:超音波検査(経腹、経膣)、MRI、子宮鏡。

診察の順序は?

  1. まず内診、双合診を施行
  2. 次に経膣超音波検査
  3. MRIで腫瘍の性状、数、大きさ、位置などを検索する。
MRIにより多くの症例が診断可能です。特に、エコーなどでわからない患者には有用です。

・発生する部位により、粘膜下(submucosal)、筋層内(Intramural)、漿膜下筋腫(pedunculated abdominal)がある。

uterine myoma1

・このうち粘膜下は出血および妊娠に影響あり。

・60-70%は多発する。子宮休部に95%、頚部に5%認める。

・20%で子宮内膜症が合併している。また子宮腺筋症との合併も多い。

・筋腫には多数の変性あり。ヒアリン変性、粘液様変性、肉腫様変性、嚢胞変性、粘液変性、赤色変性など。しかしこれらをMRで鑑別するのは難しい事が多い。

関連記事)子宮筋腫の変性の分類と画像の特徴(特殊な子宮筋腫)

子宮筋腫の画像所見

・臨床症状のある筋腫にはさまざまな治療法あり。子宮摘出、核出術、ホルモン療法、子宮動脈塞栓術など。

MRI所見(典型例)

  • 境界明瞭な腫瘤。
  • T1強調像:筋層と同程度の低信号。
  • T2強調像:筋層よりも低信号。ひび割れ状の低信号(平滑筋組織、ヒアリン化)
  • DWI:低〜中等度の信号。
  • 造影:変性の程度により様々。
  • ダイナミック:比較的多血性。

※ヒアリン変性:均質・無構造なタンパク成分の細胞間沈着。硝子変性。類線維素変性。ヒアリン組織を反映してT1強調/T2強調ともに信号値が低下する。

症例 40歳代女性

uterine myoma

uterine myoma1 uterine myoma2 uterine myoma3 uterine myoma4

Sponsored Link

▶動画でチェックする。


粘膜下筋腫の画像所見は?

uterine myoma3

  • 通常はT2WIで低信号
  • 浮腫を伴うとT2WIで高信号を呈し、ポリープや内膜腫瘍に類似する。
  • DWIで低信号を呈するので悪性腫瘍と鑑別できる。
症例 50歳代女性

submucosal

子宮底部内膜下にT2WIで低信号の腫瘤性病変あり。T1WIおよび造影にて周囲筋層と同程度。

症例 50歳代女性

submucosal uterine leiomyoma

子宮底部内膜下にT2WIで低信号の腫瘤性病変あり。

漿膜下筋腫の画像所見は?

uterine myoma2

  • 子宮筋層との連続(beak sign)
  • 子宮筋層から連続する栄養血管(Bridging vascular sign)
  • 卵巣腫瘍(線維腫)との鑑別に有用。
 症例 40歳代女性

pedunculated abdominal uterine myoma

Sponsored Link

 

関連記事はこちら