Sponsored Link

後腎傍腔(posterior pararenal space)

内側は大腰筋に接しており、左右の交通はない

外側の外側円錐筋膜外の脂肪層は腹膜前脂肪層と連続している。これに沿って病変が前腹壁へ波及することがある。

・尾側では体壁や脊椎へ病変が波及することがある。

上方は横隔膜、下方は骨盤部の腹膜外腔とつながっており、液体貯留やガス貯留の際の上下方向の交通路になる。

posterior pararenal space

後腎傍腔の病変

・腎の後方の異常吸収域として認められ、後腎筋膜の肥厚や大腰筋輪郭の不鮮明化を伴う。腎周囲腔の脂肪組織は前方へ圧排される。

・腎周囲腔の脂肪層正常+背側に液体貯留や腫瘤→後腎傍腔の病変が第一に疑われる。

しかし、

  1. 腎後方へ進展した腹腔内、
  2. 腎後方へ進展した前腎傍腔内、
  3. 腎周囲腔背側の隔室内、
  4. 下方へ進展した胸腔内 の病変の可能性もある。
関連記事

参考)
臨床画像2011年6月 後腹膜の解剖と画像 丹野啓介先生 自治医科大学付属さいたま医療センター
画像診断2011年10月 後腹膜腔のCT解剖 竹口隆也先生 三井記念病院
画像診断2005年6月 後腹膜再訪 荒川昭彦先生 熊本労災病院

Sponsored Link

 

関連記事はこちら