Sponsored Link

鼻腔、副鼻腔領域でのCTの特徴

・空間分解能に優れる。

・骨構造や石灰化の描出・観察。

・多方向のMPR像や3D画像を作成できるため、骨折や脱臼といった外傷に有用。また患者説明に用いて理解してもらいやすい。

副鼻腔炎の術前評価

・造影剤は、腫瘍と炎症の鑑別、頭蓋内合併症の評価、血管病変の評価。などで使用。

鼻腔、副鼻腔領域でのMRIの特徴

・組織コントラストに優れる。

球後視神経損傷。の描出がされやすい。

・腫瘍浸潤範囲の評価(神経周囲進展

腫瘍と二次性炎症性変化の区別

炎症性病変の頭蓋内進展、合併症

真菌症・血瘤腫T2WI

腫瘍の鑑別(細胞密度)や治療効果判定:DWI

Sponsored Link

 

関連記事はこちら