Sponsored Link

すりガラス結節を見たときのCT所見の記載の仕方、新しい肺腺癌の分類の要点、BACとは言わない

まず新しい肺腺癌の分類の要点です。

▶3cm以下のすりガラス影をみたら、

  • pure lepidic patternAAHAIS、その他良性
  • lepidic predominant&浸潤≦5mmMIA,その他

▶浸潤部位が5mm以上ならば浸潤癌(浸潤性腺癌では亜型の中で最も優性なもので表現する。)

▶もうBACとは言わない。pneumonic patternの旧BACは浸潤性粘液産生性腺癌(invasive mucinous adenocarcinoma)という。

そして、実際にCTを読影するときに、画像所見と、新分類および野口分類との対応表が以下です。結局画像を見て表現しないといけないので、この表が非常に大事です。

adeno2adeno2

 

  • つまり、5mm以下の純粋なすりガラス影(pure GGO)があれば、「AAHやAISが疑われる」と記載すればよい。
  • 充実部位を認めるけども5mm以下で、かつ3cm以下のすりガラス影ならば、「MIAが疑われる」と記載すればよい。

さらに、これらの肺結節に対して、どのようにアプローチするのか、つまり、

  • フォローでよいのか?よいならその期間は?
  • 生検や手術をすすめるのか?

については、CTで見つかった肺結節のフォローはどうしたらいい?を参照ください。

これで、肺結節へのアプローチはとりあえずできるはずです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら