胸部CTにおける多発肺結節の鑑別診断

胸部CTにおいて多発肺結節・腫瘤影を呈する疾患は

  • 腫瘍性
  • 感染性
  • 非感染性肉芽腫
  • その他

に大きく分けることができます。

それぞれの原因疾患は次の通りです。

腫瘍性

  • 転移性肺腫瘍
  • 悪性リンパ腫
  • リンパ増殖性疾患(リンパ腫様肉芽腫症:LYG(lymphomatoid granulomatosis)など)
  • 過誤腫
  • 喉頭乳頭腫
  • 転移性平滑筋腫
  • 同時多巣性肺腫瘍(細気管支肺胞上皮癌、IVBAT、Kaposi肉腫、カルチノイド)
  • 類上皮血管内皮腫

感染性

症例 60歳代男性 発熱・呼吸困難

septic embolization CT findings

右上下葉末梢に結節影を2箇所認めています。

上葉のものは空洞形成あり。

敗血症性肺塞栓症と診断され、加療されました。

非感染性肉芽腫症

症例 70歳代男性 Wegener肉芽腫(GPA)

GPA CT findings

両側肺野末梢に多発浸潤影あり。周囲にすりガラス影(halo)あり。

GPAと診断されました。

その他



スポンサーリンク



関連記事はこちら