Sponsored Link

小児の外傷

・10歳男児 後方へ転倒し左手をついて受傷したときの受傷機転は?
→FOOSH(Fall On Out Stretched Hand)

・小児の骨折はわかりにくい。

・必ず左右差を比較。

・骨折は臨床診断。

・疑えば必ずフォローを。

・小児の骨は柔らかい。穴あきチーズみたいな骨。骨膜は強い。

・骨皮質のみ骨折→buckle骨折→Greenstick骨折

・骨皮質破綻なし。曲がるだけ。→bowing骨折。

・靭帯は強いので靭帯が切れるくらいなら、骨が折れる。

上腕骨顆上骨折

・小児の肘の骨折の約60%。

・5-7歳が発症のピーク。

・受傷機転は96%がFOOSH。特に後方に多い。

・合併症:神経障害10%コンパートメント症候群、内反肘、骨化性筋炎など。

Volkmann拘縮:前腕コンパートメント症候群。末梢の拍動よりも末梢の色調に着目する。

・神経障害のチェック方法:グー、チョキ、パーをしてもらう。グーができれば、正中神経は大丈夫(できなければ、猿手)。チョキが出来れば橈骨神経は大丈夫(できなければ下垂手)。パーができれば尺骨神経は大丈夫(できなければ、鷲手)。

・猿手と、下垂手は伸展型に多い。鷲手は屈曲型に多い。

OKサインをしてもらう。できなければ(潰れてしまう)、前骨間神経麻痺(正中神経)

・分類(Gartland分類)1-3型あり。健側と比較して、Baumann角>Δ5°、tilting angle>Δ15°ならば整復が必要。

・骨折線がわかりにくいときは、超音波(感度98%、特異度70%)。posterior fat padもしくは、脂肪血関節症をみる。

・原則整形外科コンサルト。

 

▶レントゲン所見

・関節内血腫ができると油の低吸収(anterior fat pad)が持ち上がってくる。(sail sign)

posterior fat padは見えたら異常

・骨折線は見えないこともある。

成長板骨折(physeal骨折)

・Salter-Harris分類:骨端線損傷は小児の全骨損傷の20%。

・TypeⅤは骨端軟骨板が圧挫された型の損傷であるためX線には写らない。MRIによる診断が必要。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら