Sponsored Link

そもそも造影剤に対するアレルギー(副作用)にはどんな症状がある?

  • 悪心、
  • 嘔吐、
  • 蕁麻疹、
  • 血管痛、
  • くしゃみ、
  • 胸痛、
  • 動悸、
  • 悪寒・戦慄、
  • 急激な血圧低下、
  • 意識消失、
  • 熱感、
  • かゆみ、
  • 潮紅、
  • 嗄声、
  • 咳嗽、
  • 腹痛、
  • 顔面浮腫、
  • 呼吸困難、
  • 心停止など。

造影剤に対する副作用発現の対応、準備

  • 副作用の発現率は3%程度。
  • 重篤な副作用の発現率は0.04-0.004%とされている。
  • アナフィラキシー反応における第一選択は、

輸液アドレナリン(エピネフリン)による循環管理
酸素投与などによる酸素化

  • ステロイドは比較的即効性のあるものでも効果発現までに4〜6時間かかる。即効性はなく。ステロイドの目的はアナフィラキシー反応の20%の症例に現れる症状の再燃抑制が主な目的となる。
エピネフリンは静注すればいいですか?
いいえ、筋注です。静脈注射は急性のhyperadrenalism(高血圧や頻脈)を起しやすいと言われます。

中等度以下のアナフィラキシーには筋注が推奨されています。

軽症例では打ちやすい上腕の三角筋

中等症以上ではより吸収の早い大腿の外側が勧められています。

その他準備しておくもの

  • H1拮抗薬(注射用)
  • β2作動薬(定量噴霧吸入器)
  • アトロピン
  • 抗痙攣薬(ジアゼパム)
  • グルカゴン
  • 挿管セット、IVHセット

Sponsored Link

 

関連記事はこちら