Sponsored Link

問題はこちらから参照して下さい。

スライド28

11,d

a しきい値がある。×。それは確定的。

b 回復現象がある。× 確定的。

c 予防する手立てがある。× 確定的。

d 100 mSv 以下のリスクは不明である。○ 100mSv以下の被曝による発癌の増加は確認されていない

e 線量が増加すると悪性度の高いがんが発生する。×


 

スライド30

12,d

a 胎児は死亡する。×。なわけない。

b 小頭症が発生する。× なわけない。

c 心奇形の頻度が高くなる。× なわけない。

d 異常の頻度は増加しない。○ CT受けても1回なら大丈夫と言われる。

e 精神発達遅滞の頻度が高くなる。×


 

スライド33

13, a,e

a 実効線量限度は 5 年間で 100 mSv である。○

b 実効線量限度は 1 年間で 20 mSvである。× 5年で100mSv(ただし1年で50mSv)

c 水晶体の等価線量限度は 1 年間で 500 mSvである。150mSv

d 皮膚の等価線量限度は 1 年間で 150 mSvである。500mSv

e 女性の実効線量は 3 カ月で 5 mSv を超えてはならない。○ 産後(3・5)のことを考えよ。

Sponsored Link

スライド37

14. a,b

a 計測 ○

b 階調調節 ○

c 電子カルテ表示 × 別の端末でも構わない。

d フィルムのデジタイズ ×

e カラーと白黒の切り替え × 白黒でよい。

スライド39

15, a,e

a 画像はピクセル(pixel)の集合体である。○

b 平面モニタはグラフィックボードと呼ばれる。×グラフィックボードは、画像などを処理し表示命令を出す機械。

c 画像圧縮の手法は非可逆圧縮の 1 種類である。×

d モニタの解像度は 1 M(メガ)の方が 3 M より優れる。×

e 液晶モニタは白黒の方がカラーよりコントラストが高い。○

16−20

2011年問題のトップに戻る

Sponsored Link

 

関連記事はこちら