Sponsored Link

MRI造影剤が禁忌となる患者さんは?

MRI造影剤ガドリニウム(Gd)が禁忌となっている方はどのような方ですか?
以下に当てはまる方です。
  • Gd造影剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 気管支喘息の患者
  • 重篤な腎障害のある患者
  • 重篤な肝障害のある患者
  • 一般状態の極度に悪い患者

Gd造影剤に過敏症の既往歴のある患者

まずは、過去にGd造影剤でアレルギー反応が出た方です。

どれだけ危険か?
  • MRI用造影剤副作用ありだと、副作用発現率(%)  21%
  • ヨード造影剤副作用歴ありだと副作用発現率(%) 6%
  • 全症例での副作用発現率(%) 2.4%
どうしても必要な場合はどうするか?
  • 異なる種類のGd造影剤を使う。
  • 予防薬としてステロイドと抗ヒスタミン剤を前投与する。

気管支喘息の患者

続いて喘息の方です。こちらは絶対禁忌となっています。
  • 喘息の既往歴のある患者の副作用発現率は3.7%ない患者に比べて1.5倍高かった。
  • 既往歴もダメ
  • ただし、無治療、無症状の状態が5年以上持続している場合を治癒と扱い、造影検査を行うことあり。
CTのヨード造影剤の場合は原則禁忌ですが、MRのGd造影剤だと絶対禁忌なのはなぜでしょうか?
過去に死亡例があるからです。

関連記事)CT造影剤(ヨード)を喘息患者に使う場合

重篤な腎障害のある患者

腎機能障害のある人にもGd造影剤は絶対禁忌です。

からです。

透析している人は大丈夫ですか?
CTのヨード造影剤と異なり、透析していても絶対禁忌となります。

関連記事)CT造影剤(ヨード)を腎機能障害に使う場合のポイントは?禁忌?

MRI造影剤を慎重に投与すべき患者さんは?

慎重投与する方はどんな方ですか?
以下の方です。
  • アレルギー体質の患者。(アレルギー性鼻炎、発疹、蕁麻疹などを起こしやすい、家族にいる。薬物過敏症の既往がある人)
    ※アレルギー歴のある人の副作用発現率3.7%、ない人の発現率は1.9%。
    ※予防薬として確実なものはない。高リスク患者にはステロイドや抗ヒススタミン剤を前投与。
  • 痙攣、てんかんおよびその素質のある患者。
  • 高齢者。(ただし有意な差はなかった。)
  • 幼児、小児、低出生体重児、乳児、新生児、妊婦、授乳婦。

Gd造影剤の副作用発現率が高くなる患者因子は?

  • 喘息既往歴
  • MRI用造影剤の副作用歴
  • ヨード造影剤の副作用歴
  • アレルギー歴
ヨード造影剤とGd造影剤は異なりますが、アレルギー体質という意味で発現率は高くなります。

患者の不安を減らす方法は?

  • 事前の検査説明。
  • 検査中の適度な会話。
  • 患者の姿勢を変える。
  • 音楽を流す。
  • 患者をリラックスさせる。

前投薬として用いられることがある薬剤は?

  • アレルギー歴ありの患者:ステロイド、抗ヒスタミン薬
  • 恐怖あるいは不安を感じる患者:ジアゼパムなどの鎮静剤。
なるほど。参考になりました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら