びまん性粒状影を来す疾患の鑑別

感染症

※水痘肺炎では、活動性肺炎の時期も治癒後も認められる。治癒後には石灰化を要する場合あり。

吸入性

症例 20歳代男性 夏型過敏性肺臓炎(亜急性型)

CT findings of Hypersensitivity Pneumonitis1

両側肺野にびまん性に小葉中心性の淡い粒状影〜結節影を認めています。

右下葉にはair trappingあり。

CT findings of Hypersensitivity Pneumonitis2

トリコスポロン陽性であり、夏型過敏性肺臓炎と診断されました。

このCT画像をチェックする。→過敏性肺臓炎のCT画像所見

腫瘍性

  • 甲状腺癌の転移
  • 腺癌転移
  • 悪性リンパ腫

その他

  • サルコイドーシス
  • 好酸球性肉芽腫
  • びまん性汎細気管支炎
  • 膠原病肺(関節リウマチ、シェーグレン症候群)
  • HTLV-1関連気管支病変
  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(アレルギー性肉芽腫性血管炎、Churg-Strauss症候群)
  • 多中心性Castleman病
  • 呼吸細気管支炎
症例 30歳代女性 サルコイドーシス

sarcoidosis CT findings

胸部CTでは縦隔条件で肺門及び縦隔にリンパ節腫大を認めています。
(レントゲンのBHLに相当する所見です。)

肺野では右上葉に小粒状影の集簇を認めており、いわゆるGalaxy signの所見です。

腫瘤影、結節影、粒状影の定義

  • 3cm以上→腫瘤影
  • 5mm-3cm→結節影
  • 2-5mm→粒状影

※2mm以下は粟粒影と呼ばれる。ただし、単発ではなくびまん性の分布を示すもの。

参考)画像診断 vol.36 No.3 2016 P243-252



関連記事はこちら