Sponsored Link

急性前立腺炎

どのようなときに前立腺炎を疑うか?
→男性が、発熱などの敗血症的な徴候を前面に出しつつ
尿閉・頻尿などの尿路症状を訴えるとき
会陰部や下部腰部の何とも言えない不快感を訴えるとき

膿尿が基本的にでる。

・疑わしければ直腸診(digital rectal examination)

・起炎菌:E.coliなどの腸内細菌。

治療

・推奨薬剤:バクタ4錠分2後またはニューキノロン(ガチフロ(100)4錠、クラビット(100)4~5錠)分1後*30日間。

※発熱、急性の排尿困難、テネスムス(便意促迫)、直腸診で前立腺の圧痛。前立腺は抗菌薬の到達が非常に悪く、βラクタム系は無効と考えた方がよい。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら