Sponsored Link

髄外造血(extramedullary hematopoiesis)

・骨髄造血細胞の再生が不十分なときの代償性反応

  • 先天性溶血性貧血:サラセミア、鎌状赤血球症、遺伝性球状赤血球症
  • 後天性骨髄置換性疾患:骨髄線維症、真性多血症、癌・白血病・悪性リンパ腫による骨髄置換

肝、脾、胸部傍脊椎領域に多い。

・通常、微視的なびまん性浸潤の形。肝、脾に限局性腫瘤としてみられることは稀。

・脾の限局的髄外造血巣は単発性のことも多発性のこともある。

髄外造血の画像所見

・限局性髄外造血巣は造血能と脂肪・鉄沈着量が画像に反映

▶CT所見:
わずかに低吸収、軽度の造影効果

▶MRI所見:
信号強度は造血能と脂肪・鉄沈着量に依存

活動性の新しい造血巣は、赤血球性および骨髄球性の未熟あるいは成熟細胞より成る。

  • T1強調像:中間信号、T2強調像:高信号造影MR:軽度濃染

非活動性の古い病変は、脂肪組織と多量の鉄沈着を伴う。

  • T1強調像およびT2強調像:低信号(鉄沈着)あるいは高信号(脂肪浸潤)

・chemical shift imagingで鉄あるいは脂肪を反映。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら