Sponsored Link

膵嚢胞は治療が異なるため鑑別する必要がある。

・仮性嚢胞:経過観察あるいはドレナージ
・MCN:手術
・IPMN:経過観察あるいは手術
・SCN:経過観察>>手術
・SPN:手術

膵嚢胞性疾患でチェックすべきこと

・背景膵:慢性膵炎の有無、石灰化、増強パターン、主膵管拡張、T1WIでの信号強度

・臨床所見:症状、年齢、性、部位、CA19-9

・嚢胞の性状:形・壁の厚さ、壁在結節の有無、石灰化の有無(中心性or偏在性or卵殻状)、主膵管との交通。

・信号強度:T1WI high→粘稠液、出血、脂肪、ケラチン、T2WI low→粘稠液、陳旧性出血、DWI→内容成分を反映。

仮性嚢胞 pseudocyst

・頻度が非常に多いので、まず仮性嚢胞を疑う。

・経過により、

(1) acute pseudocyst
(2) chronic pseudocyst に分ける。

真性嚢胞 true tumor

(1)貯留嚢胞(retention cyst)
(2)先天性嚢胞(congenital cyst)
(3)リンパ上皮嚢胞(lymphoepithelial cyst)
(4)類上皮嚢胞(epidermoid cyst)
(5)類皮嚢胞(dermoid cyst)

※(3)~(5)はSquamous-lined cystsと総称される。

・嚢胞内面が扁平上皮
・T1WI,DWIにて高信号、CA19-9↑ など共通する点が多いため。

非腫瘍性嚢胞の特徴のまとめ

仮性嚢胞 なんでもあり。常に疑う。
貯留嚢胞 PKや膵石→分枝膵管の閉塞
ただし、単房性→pseudocyst、多房性→IPMN,MCN もあり。MPDとの交通はあってもよい。
先天性嚢胞 MPDとの交通なし、mural noduleなし、類円形
リンパ上皮嚢胞 嚢胞内面
=扁平上皮、T1WI high
DWI high
CA19-9↑
男>女、膵外に突出、境界明瞭、
石灰化、壁は厚く不整
類上皮嚢胞 副脾から発生=尾部!
類皮嚢胞 20代(若い!)

嚢胞性腫瘍 cystic tumor

(1)IPMN・・・ 主膵管型(57~92%悪性。手術。)、分枝型、混合型

(2)MCN・・・悪性化あり→手術。

(3)SCT・・・  microcystic type(多い。ほぼ良性。)、macrocystic type、solid type

固形癌の嚢胞変性cystic degeneration of solid tumors

(1)solid-pseudopapillary neoplasm(SPN)

(2) others:  endocrine neoplasm、sarcoma、adenocarcinoma

参考)画像診断 vol.30 No.13 2010 膵嚢胞性腫瘍の画像診断 入江裕之先生ら

Sponsored Link

 

関連記事はこちら