Sponsored Link

Solid-pseudopapillary neoplasm(SPN,SPT)

  • 若年女性(10~30歳代)に好発。
  • 予後良好な分化方向不明な上皮性膵腫瘍。
  • 膵臓のどの部位にもできるが、頭部及び尾部に好発する。
  • 稀に悪性例。高齢者ほど悪性例が多い。再発例は5%で肝転移が多く、10年以上経過してからの再発の報告もある。low grade malignancyとしての認識が必要。

SPNの画像所見

CT所見
  • 高頻度に腫瘍内壊死による嚢胞(出血)変性(96%)
  • 嚢胞壁の石灰化(34%) :central、Stippled(斑状)、Eggshellの3パターンあり(輪状・貝殻状・卵殻状)
  • 辺縁部の充実部は造影で漸増性に濃染
MRI所見
  • 嚢胞内の新旧の出血の評価に有用。
  • MRIにてT1WI high(出血を反映)~low、T2WI 不均一なhighが多い。が、多彩。
  • ヘモジデリン沈着により、opposed phase→in phaseで信号低下を認める部位あり。(in phase →opposed phaseでの信号低下は脂肪含有を意味する。)

Sponsored Link

症例 16 歳の女性。腹部膨満感

Solid-pseudopapillary neoplasm(2008年放射線科診断専門医試験問題49より引用)

膵尾部に卵状の石灰化を有する内部不均一な高吸収を呈する腫瘤あり。内部には隔壁様構造あり、T1WIにて一部高信号域あり、新旧の血腫の混在の疑い。


症例 40歳代女性 背部痛

Solid-pseudopapillary neoplasm(放射線科診断専門医試験問題2010年50番より引用)

膵尾部に卵状の石灰化を有する内部不均一な高吸収を呈する腫瘤あり。SPNを疑う所見。


動画で学ぶSPN

症例 19 歳の女性。腹部 CT で異常が指摘された。

Solid-pseudopapillary tumor2006年放射線科診断専門医試験問題48より引用。

膵体尾部に辺縁平滑、厚い被膜を有する単房性の腫瘤を認める。石灰化ははっきりしない。血腫などの存在もCTでははっきりしない。


症例 20 歳代の女性。腹痛。

Solid-pseudopapillary neoplasm

(放射線科診断専門医試験問題2013年46番より引用。)

 

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら