Sponsored Link

肝粘液性嚢胞腺腫(Hepatic MCN)

・腺腫から腺癌、浸潤癌まで、多彩な組織像をとる。

・原則女性。

・発生は原子卵巣原基の散布ないし遺残と推測されている(卵巣様間質)を有する。

・胆管との交通は原則ない。

・発生部位としてはS4が多い。

・cyst in cyst構造を有することが多い。

[illust_bubble subhead=”こうやってみると” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]よりmajorな膵MCNに本当に似ていますね。[/illust_bubble]

Sponsored Link

 

関連記事はこちら