Sponsored Link

肝腺腫(HCA:hepatocellular adenoma)

  • 非硬変肝に発生する良性腫瘍。
  • 20-40歳台の女性に好発。
  • リスク因子として、糖原病、ステロイド内服、経口避妊薬服用がある。
  • サイズが大きいものは出血・発癌(4cm)のリスクあり。
  • 肝内門脈血流異常との関連あり。
  • 多発した場合は、肝細胞腺腫症(adenomatosis)と言われる。
  • 画像上は肝細胞癌との鑑別が難しい
  • 遺伝子的、病理学的、臨床的に4つのsubtypeに分類される。

肝腺腫のサブタイプ

  1. HNF 1α inactivated HCA(35-50%):びまん性の脂肪化。
  2. inflammatory HCA(40-55%):SAA(Serum amyloid A)、men、飲酒、腫瘤周囲にT2WIで高信号の被膜様構造(atoll sign)。
  3. Beta-catenin activated HCA(15-18%):men , malignant transformation、画像上scar(瘢痕)を伴うことが多い。肝細胞相で高信号になることが多い?とも言われる。
  4. 分類不能

肝腺腫の画像所見

CT,MRI所見

  • dynamic studyでは経時的に均一に造影(多血性)
  • MRIでの信号強度はむしろ不均一(FNHと違う)。
  • 出血(52-93%)、脂肪(36-77%)T1WIで病変の一部がしばしば高信号を呈する。
  • 被膜はあるときもないときもある。
  • EOBの肝細胞相での取り込みもあるときもないときもある。
症例 21 歳の女性。右季肋部痛とショック症状とで緊急入院。

HEPATOCELLULAR ADENOMA

(2007年放射線科診断専門医試験問題46より引用。)

単純CTにて肝右葉に腫瘤を認めており内部には不均一な高吸収域あり、出血が疑われる。ダイナミックにおいて、辺縁に点状〜線状の造影効果を認めており、腫瘍からの出血が疑われる。年齢、サイズから、破裂したHCAを疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら