Sponsored Link

薬剤性肺障害とは

・肺は潜在的に薬物の副作用を受けやすい臓器。

・確定診断が困難であり、病理学的な分類が報告者によって異なる。

・薬剤性肺炎は、薬剤投与中の変化という、外因に基づく分類であり、その病態は症例により様々である。このため、薬剤性肺炎の画像所見は多岐にわたる。

・類似する(特発性)びまん性肺疾患のパターンに基づき分類される(DAD,HP,EP, OPパターンなど)

・薬剤によって特徴的な反応パターンをとるものも存在するが、同一の薬剤でも異な る反応を呈しうるため、画像からの診断は困難な場合も多い。

・画像的には,薬剤性肺炎以外の病態(感染症、原疾患増悪)などの除外診断も重要である。

CT画像所見

両肺野広範なGGAおよびconsolidation、非特異的な所見

・小葉性陰影、小葉中心性陰影をきたすことは少ないが、抗生剤によるものでは、起こる事もある。

・病理学的所見に基づいて分類:DAD,NSIP,OP,EP,Hemorrhage pattern,BO pattern,non-cardiogenic edema pattern

・CT所見から類推した病理所見と実際の病理の一致率は45%と低い。なので、病理所見を類推することはあまり意味がない。=画像パターンが病理所見を示すのではない。

・CT所見では、HP > NSIP > DADパターンが多い。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら