Sponsored Link

頸部リンパ節腫脹を来す疾患

  • 転移
  • 悪性リンパ腫、白血病
  • 感染(細菌、結核、ウイルス、トキソプラズマなど)
  • 菊池病、木村病、川崎病
  • 膠原病(シェーグレン症候群、SLE、RAなど)
  • キャッスルマン病
  • サルコイドーシス
  • 猫引っ掻き病
  • AIDS(HIV感染):耳下腺内に嚢胞腺病変を伴う事が多い。
  • 伝染性単核球症
  • 巨大リンパ節腫大を伴う洞組織球増多症 など

壊死をともなうもの

関連記事)頸部のリンパ節の腫れ!腫瘍の転移の可能性は?

強い増強効果を示すリンパ節腫大

Sponsored Link

 

関連記事はこちら