Sponsored Link

リンパ増殖性疾患 lymphoproliferative disorder:LPD

・単一の腫瘍をさす言葉ではない。

自然消退する良性のリンパ球増殖〜悪性のリンパ腫までを含んだ概念

・通常は免疫不全を背景として発症する病態。

・免疫不全関連リンパ増殖性疾患は2008年のWHO分類第4版において、

[deco_bg image=”paper1″ width=””]

①原発性免疫不全関連LPD
②HlV関連リンパ腫
③移植後リンパ増殖性疾患
④ほかの医原性免疫不全関連LPD

[/deco_bg]

に分類された。これらの疾患群は、

・背景に明らかな免疫不全のない患者に発生するリンパ腫に比してEBV関連病変である率が高い

・免疫抑制状態の改善による可逆性を示す場合がある。

といった特徴を有する。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら