Sponsored Link

認知症診断における画像診断の役割

・硬膜下血腫、水頭症や腫瘍などの器質的疾患を除外する。

・血管性認知症の有無を診断する。

・アルツハイマー病と他の変性性認知症を鑑別する。

・アルツハイマー病を早期診断する。

覚えておくべき認知症を呈する疾患の特徴的な頭部画像所見

・T2強調像での皮質下白質の高信号域→FTLD、CBD

・大脳皮質、皮質下白質の非対称な萎縮→CBDなど。

・knife blade atrophyおよび皮質下白質の変性→FTLD

・皮質下白質のDWIでの信号増強→エオジン好性核内封入体病

・中脳水道に異常高信号→Wernicke脳症

・側頭極→CADASIL

・中脳被蓋の萎縮→PSP

Sponsored Link

 

関連記事はこちら