Sponsored Link

尿管癌の病期分類

[deco_bg image=”paper1″ width=””]

T因子

Ta:乳頭状非浸潤癌
T1:粘膜上皮下結合組織に浸潤する腫瘍
T2:筋層に浸潤する腫瘍
T3:尿管筋層をこえて尿管周囲脂肪織に浸潤する腫瘍
T4:隣接臓器に浸潤する腫瘍

[/deco_bg]

[colored_box color=”green” corner=”r”]尿管癌の読影の実際[/colored_box]

・主にCTで評価する。

・CTが施行できない場合はMRで評価する。

T2以下:尿管の壁肥厚あるいは、内部に造影欠損像として癌を認める。

・尿管壁の外側面は平滑である。

・T3:癌部の尿管壁の不整や周囲脂肪組織の毛羽立ち、吸収値の上昇を認める。

[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]

※尿管癌のMRI staging

・円形に尿管が追える→T2以下。

05_0172_05a

・円形が断裂したら→T3以上。05_0172_05b

AJR Am J Roentgenol. 2007 Mar;188(3):W256-61.より引用

[/colored_bg]

[deco_bg image=”paper1″ width=””]

N因子

N0:所属リンパ節転移なし。

N1:最大径が2cm以下の1個のリンパ節転移

N2:最大径が2-5cmの1個のリンパ節転移または5cm以下の多発リンパ節転移

N3:最大径が5cmをこえる所属リンパ節。

※所属リンパ節:腎門部、腹部傍大動脈、傍大静脈リンパ節、骨盤内リンパ節

※腎盂癌、尿管癌では、retrocrural LNは6mm以上を陽性とすることもある。

[/deco_bg]

Sponsored Link

 

関連記事はこちら