Sponsored Link

腎癌の病期分類

T因子

T1

  • 最大7cm以下で腎に限局
  • T1a:4cm以下
  • T1b:4-7cm

T2

  • 最大径7cmをこえ、腎に限局する腫瘍
  • T2a:7−10cm
  • T2b:10cmをこえる。

T3

  • 主静脈または腎周囲組織に発展するが、同側の副腎への進展がなくGerota筋膜をこえない腫瘍。
  • T3a:肉眼的に腎静脈やその他区域静脈に進展する腫瘍、または腎周囲・腎洞脂肪組織に浸潤するがGerota筋膜をこえない腫瘍。※血管に腫瘍塞栓を形成し、予後が悪い。これまでunderdiagnosisされてきた。しっかり診断することが大事。
  • T3b:横隔膜下の下大静脈内に進展
  • T3c:横隔膜上の下大静脈に進展または大静脈壁に浸潤

T4

  • Gerota筋膜を超えて浸潤(同側副腎への連続的進展を含む)

淡明細胞型腎細胞癌におけるT分類

①T1a:

  • 偽被膜が保たれ、腎に限局していたらT2以下。と診断して感度84%、特異度95%。

腎部分切除術ができるのは、

  • 偽被膜があること。
  • T1a(4cm以下)であること。
  • 腎辺縁に存在し、腎門部や腎盂腎杯から離れていること。
    ※この際、少なくとも2方向での撮影が必要。横断像だけだと距離が分かりにくいことあり。再構成も有用。
症例 50歳代男性 左腎に3cm大のRCC

Chromophobe RCC

RCCdiagnosis

 

再構成にて腎門部や腎盂腎杯から離れていることを確認し、腎部分切除術施行。

②T3a:

  • 腎周囲脂肪織の毛羽立ちがあればT3aとすると…
  • ただし炎症性変化との区別は困難。
  • 顕微鏡的浸潤。
  • 正診率は64%。(残りはT1/T2)
  • いずれも腎全摘術。

③T3b:

  • 皮髄相(30s)・腎実質相(80s)で評価。 腎実質相のみだと見えにくいこともある。
  • 肝部下大静脈への進展を認めると、肝臓外科のサポートが必要になる。
  • T3cだと、開胸開腹手術が必要になり、人工心肺装置が必要になる。
  • なので、これらの術前評価は重要。
  • 腫瘍塞栓の下大静脈壁浸潤評価は難しい。

④T4:

  • Gerota筋膜外(筋肉・隣接臓器・横隔膜)に異常造影効果。
  • 脂肪があれば浸潤なし。
  • 境界明瞭であれば可能性低い。
  • 副腎も同様。異常なければ温存。

N因子

  • N0 : 所属リンパ節転移なし。
  • N1 : 1個の所属リンパ節転移。
  • N2:2個以上の所属リンパ節転移。
  • 所属リンパ節:腎門部・腹部傍大静脈・腹部大動脈静脈間・腹部傍大動脈。

▶N分類

  • 短径1cm以上を陽性とすると、
    ・反応性と区別は困難。
    ・顕微鏡的浸潤。
    ・正診率は74%、偽陽性率19%、偽陰性率7%。

術前に泌尿器科医が知りたいこと

腎部部分切除術の適応があるかどうか。

  • 選択的適応:対側腎機能正常例
  • 相対的適応:患側腎合併疾患、潜在性腎機能障害、多発性素因・遺伝性疾患
  • 絶対的適応:単腎、両側腎細胞癌、高度な腎機能低下

腫瘍側因子

  • T1a腫瘍(<4cm)
  • 無症候性
  • 単発
  • 偽被膜を有する外方突出型
    ※最近はT1b腫瘍や実質内埋没腫瘍にまで拡大(腎機能温存が予後に影響するため)

宿主側因子

  • 潜在的多発例/遺伝性疾患:Von Hippel Lindau病、Birt-Hogg-Dube症候群、乳頭状腎細胞癌など
  • 腎不全への移行リスクの高い症例:単腎症、糖尿病性腎症、動脈硬化、水腎症

腫瘍・解剖について

  • 腫瘍の形態:充実性・嚢胞性、被膜の有無
  • 腫瘍の位置:外側・中下極なら、腹腔鏡、上極・腎門側なら経腹的アプローチ、腎杯と腫瘍の距離。
  • 腎動脈の本数とその末梢枝の走行:腎動脈阻血、葉間動脈や弓状動脈と腫瘍との位置関係

術後に知りたい事

▶合併症の有無

  • 尿漏、尿腫の形成の有無
  • 出血、血腫形成、AVF形成の有無
  • 感染
  • 切除部位と周囲臓器との癒着。
  • 再発・転移の有無。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら