Sponsored Link

痙攣への対応の流れ

①痙攣を止める(治療)→②痙攣の原因検索→③痙攣の予防・治療

①痙攣を止める

その前に、ABCの確認。

・心電図にて心室細動

・デキスタで低血糖    を除外。

除外した後で治療開始。

第1選択としてジアゼパム(ホリゾン®、セルシン®)(10mg/2ml/A)1Aを筋注or1/2Aをゆっくり静注。

※痙攣の患者は静脈路とりにくい。

※静脈路確保困難→坐薬(ダイアップ®)を考慮。

同時に、

・酸素投与

・静脈路確保→採血 

痙攣が止まらなければ、3~5分毎に

ジアゼパム(ホリゾン®、セルシン®)5mg静注(最大20mgまで追加可)

※ジアゼパムの代わりにミダゾラム(ドルミカム®)でも可(2.5~5mgずつ)

それでも痙攣が止まらない

応援を呼ぶ。と同時に、第2選択として、

フェニトイン(アレビアチン®250mg) ½~1A静注。

※5分以上かけて静注する。

※あるいは、15~18mg/kgを蒸留水または生理食塩水100mlに混ぜ、点滴静注(50mg/分以下のスピードで)。

※不整脈(AV block)、血圧低下の報告あるため、必ず心電図モニターしながら。

※フェニトインは痙攣が止まっても再発予防の効果あるため、全量投与すること。

あるいは、

・フェノバール®(100mg) 1~2A筋注

※再発予防効果あり

あるいは、

・2%キシロカイン®(5ml,100mg) ½~1A 静注

あるいは、

・ドルミカム® 1/2~1A 静注(ゆっくり)

※呼吸抑制に注意。アンビューバッグを手元に置く。

それでもやはり止まらない

第3選択として、人工呼吸管理下で、

・チオペンタールナトリウム(ラボナール®) 50~200mg 静注(ゆっくり)

※重症喘息患者では禁忌

②痙攣の原因検索

・原因疾患あり・・・症候性てんかん

・原因疾患不明・・・真性てんかん

▶症候性てんかんの鑑別

頻度の高い疾患 頻度の低い疾患
神経疾患 脳血管疾患頭部打撲後痙攣

慢性硬膜下血腫

脳腫瘍髄膜炎、脳炎

光刺激性痙攣

熱射病

 

 

 

全身性疾患

電解質異常(Na↑↓、K↓、Mg↓)

アルコール中毒

アルコール離脱

心室細動低血糖

代謝性アシドーシス

低酸素血症

悪性症候群

悪性高熱症

肝性脳症

中毒

 

▶真性てんかんの既往あるとき

現在服用している内服薬(抗てんかん薬)をもう1錠服用させる。

その上で、
・内服している抗てんかん薬を増量して飲むように指示。

・怠薬していた場合は再開させる。

▶真性てんかんに対する第一選択薬

・欠神発作・・・ザロンチン®、デパケン®

・ミオクロニー発作・・・デパケン®

・それ以外のてんかん発作・・・テグレトール®、アレビアチン®、デパケン®

▶既往にはないが真性てんかんs/oのとき(症候性てんかん否定的)

アレビアチン®(250mg/5ml/A) 500mg(2A)+生理食塩水100ml 点滴

→アレビアチン®(100mg) 3T分3 ×7日間

後日神経内科受診指示。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら