Sponsored Link

心不全summary

  • 多くは症状、身体所見、胸部X線で診断する。
  • ただし、診断にはBNPの値が有用である。
  • 原因検索とともに、治療を開始する。
【治療】
Fowler位とし、SpO2>95%を目標に酸素投与
カルペリチド(ハンプ®)持続静注+フロセミド®静注が治療の基本。
高血圧があるなら、心不全悪化させるため、硝酸薬(ミオコール®)などで是正する。

心不全の検査

・胸部X線・・・座位にて撮影する。
・肺静脈圧≧18mmHg→間質性肺水腫、血管周囲や気管支周囲の浮腫、Kerley’s B線、下肺野の網状陰影、葉間胸水、胸水貯留
・肺静脈圧≧25mmHg→すりガラス陰影、粒状陰影、バタフライ陰影
・心電図
・採血 BNP BNP>100pg/mlを診断基準とすると感度90%、特異度75%、トロポニンT、CRP、Cr、電解質、貧血の有無
・心エコー

血行動態指標による心不全の重症度分類(Forrester分類)

 Forrester分類        肺動脈楔入圧(mmHg )
<18 ≧18
心係数(L/分/㎡) ≧2.2 Ⅰ群:・肺うっ血なし
・心拍出量正常
・一般的治療
・死亡率<5%
Ⅱ群:・肺うっ血あり
・心拍出量正常
血管拡張薬・利尿薬
・死亡率10%
<2.2 Ⅲ群:
・肺うっ血なし
心拍出量低下
輸液
強心薬
・死亡率20%
Ⅳ群:
肺うっ血あり
・心拍出量低下
・強心薬
血管拡張薬・利尿薬
・死亡率50%

Sponsored Link

心不全の初期治療

酸素投与・・・SpO2≧95%を目標にカヌラ→酸素マスク→リザーバー付きマスクにて酸素投与。

ハンプ®2V + 5%ブドウ糖液20mlをシリンジポンプで0.8ml/時で持続静注開始(体重50kgで0.025μg/kg/分)

※血管拡張作用のため血圧低下には注意
※1V=1000μg、0.2 μg/kg/分までUP可能。

ラシックス® 1/2A(10mg)静注1時間で尿量200ml以上の流出がなければ、20mg→40mg→100mgへと増量していく。

※1回静注で反応不良ならば持続静注とし、ラシックス原液を0.5ml/時で持続静注開始。2.0ml/時までUP可能。

関連記事はこちら

※治療薬の作用および注意点
・カルペリチド(ハンプ®)・・・血管拡張、Na利尿、RAA系抑制、交感神経抑制作用あり
・フロセミド(ラシックス®)・・・末梢静脈拡張と利尿作用により前負荷軽減→肺うっ血や浮腫軽減。腎障害のない例では10mg静注する。10分程度で利尿が起こり30分で100ml以上の利尿が得られる。腎機能障害ある場合で、1回静注で十分な利尿がなければ持続静注に切り替える。腎機能正常かつ反応不良→心拍出量低下s/o→強心薬であるドブタミン(ドプポン®)投与を考慮。1日の除水目標は体重で1~1.5kgとする。

ForresterⅡ群ではラシックス®とハンプ®で治療可能。しかし、ForresterⅣ群では利尿薬に加えてドブタミン(ドブポン®)投与を必要とすることが多い。

ドブタミン(ドブポン®)原液を3ml/時(体重50kgで3μg/kg/分)で持続静注開始

※心係数>2.2を目標に20 μg/kg/分までUP可能。
※ドブポン注0.3%シリンジ150mg/50ml

血圧90mmHg以下のショック状態には昇圧作用の強いドパミン(イノバン®)を投与する

ドパミン(イノバン®)原液を5ml/時(体重50kgで5μg/kg/分)で持続静注開始

※血圧>90mmHgを目標に20μg/kg/分までUP可能。
※イノバン注0.3%シリンジ150mg/50ml

心不全の原因が頻脈性心房細動のとき、心拍数コントロールのために以下の薬剤を用いて心拍数を100回/分以下にする。

・ジゴキシン(ジゴシン®)2A(0.5mg)静注

※以後2時間毎に心拍数<100回/分なるまで0.25mgずつ静注(計3回まで)
※1A=0.25mg/1ml

あるいは、

・ジルチアゼム(ヘルベッサー®)3A+生食50ml(総量50ml)とし、2ml/時で持続静注開始

※心拍数と血圧により1ml/時ずつ適時増減
※1A=50mg

Sponsored Link

 

関連記事はこちら