馬尾弛緩(redundant nerve root)とは?

  • 長期にわたる脊柱管狭窄を認めた場合、MRIや脊髄造影において、狭窄より上部の伸長、屈曲蛇行を示す馬尾神経を認めることがある。これを馬尾弛緩と呼ばれる。
  • 単椎間狭窄よりも多椎体狭窄を示す症例で頻度が高いとされる。狭窄が強いほど強く見られる。
  • 病理学的には、線維組織の脱落と走行の不規則化や、間質の増生、シュワン細胞の増生を認める。
  • 腰椎の前屈や背屈による馬尾神経の狭窄部から上方への絞り出しにより生じると考えられている。
  • 動静脈奇形(arteriovenous malformation)などの血管性病変や腫瘍性病変と間違えないように注意。
症例 70歳代女性

redundant nerve root MRI findings

腰椎MRI T2強調像 矢状断像です。

L2/3-4/5レベルに著明なヘルニア及び膨隆による硬膜嚢の圧排あり。

それに伴い馬尾にたわみを認めており馬尾弛緩を疑う所見です。

L2-3レベルで特に目立ちます。

症例 60歳代男性

redundant nerve root腰椎MRI T2強調像 矢状断像です。

L1/2-3/4レベルに著明なヘルニアによる硬膜嚢の圧排あり。

それに伴い馬尾弛緩を認めており、L2レベルで特に目立つ。

参考文献)骨軟部疾患の画像診断 



関連記事はこちら