Sponsored Link

本当にめまいなのか?をまずチェック。

めまいを訴える人

  • 末梢性めまい 40% 本物
  • 中枢性めまい 5% 本物
  • 失神 25%  偽物
  • 精神疾患 15% 偽物
  • 原因不明 15% 偽物 →偽物なら失神の精査(心血管性、起立性など) ※失神様の訴え(目の前が暗くなる、血の気が引くようなめまい)

怖い疾患をまず除外

めまい患者到着。

バイタル・意識状態、診察・問診。
貧血と心臓には注意。

脳梗塞を除外(身体診察など)

・末梢性か?→軽快して自力歩行可なら帰宅。
・ただし、初発のめまいは神経内科入院。

見逃してはいけない疾患は?

  • 小脳梗塞(出血)
  • 脳幹梗塞(出血)
  • Wallenberg症候群
  • 椎骨脳底動脈循環不全
  • 心原性
  • 起立性低血圧(貧血)

頻度の高い疾患

  • BPPV
  • 前庭神経炎
  • 頭痛に伴うめまい
  • 心因性
  • メニエール病

関連記事)メニエール病の症状や原因は?どんな病気?

問診すべきことは?

末梢性めまい
(前庭・内耳)
中枢性めまい
(小脳・脳幹)
めまいの性質 回転性 浮動性(フワフワ)
めまいの程度 重度 軽度
めまいの時間性 突発性・周期性 持続性
頭位・体位との関係
耳鳴り・難聴 +(内耳性)
  • 内服薬(アミノグリコシド系、利尿薬、抗痙攣薬etc)
  • 頭部・頚部外傷の既往。
  • 血管障害のリスクファクター(HT,DM,smoking,DL)
  • 上気道炎を最近(2週間以内)起こしていないか。

めまいの持続時間からの疾患は?

  • 数秒→BPPV
  • 数分→VBI・TIA
  • 数時間→メニエル・片頭痛
  • 数日→前庭神経炎、蝸牛炎

診察すべきこと

末梢性めまい 中枢性めまい
脳神経障害
眼振 一側方注視眼振回転性・水平性 両側方注視眼振縦眼振
  • Vitalチェック
  • 神経学的所見が一番大事。
  • 麻痺(Barre徴候)
  • 感覚障害
  • 眼球運動障害
  • 構音障害(パタカ)
  • 失調(指鼻指試験、回内回外試験、歩行)

末梢性めまいの鑑別は?

BPPV(benign paroxismal positional vertigo)・・・約50%はこれ。耳石障害が原因で起こる。中年以降に好発。めまい頭位で純回旋性眼振。耳鳴り・難聴なし。1分以内。頻回に起こる。頭位変換を繰り返すとめまいは起こりにくくなる(habituation)。診断にDix-Hallpike有効(感度50%)。治療にEpley法あるが・・・。めまいの頭位に慣れるよう指導。

・前庭神経炎・・・ウイルスによる前庭神経の障害。上気道炎に続発。数日間続く(1~2時間ではよくならない)。耳鳴り・難聴なし。ステロイドの適応がある。

・メニエル病・・・突然起こる激しい自発性の回転性めまい、耳鳴り・難聴が特徴。数時間続く。めまいと耳鳴りが同時発生→同時停止。

・突発性難聴・・・ウイルスによる蝸牛および前庭神経障害。先行する感染がある。難聴が主体。その後回転性めまい。不可逆的な難聴になるので、診断をしっかり(2週間以内の早期治療が必要なので早期に耳鼻科コンサルトする)。

・薬物(アミノグリコシド系抗菌薬、ミノマイシン®など)

治療(末梢性めまいの場合)

第一の目的は、嘔吐を止めて歩いて帰ること。めまい、悪心、嘔吐が強く歩けず、食事取れないなら入院の適応。

  • 補液(細胞外液を100~200ml/h)
  • メイロン®40ml(20ml/Aを2A) 静注 or アタラックスP 1A(25mg/A) 静注 (抗ヒスタミン薬)
    (・アデホス® 1A 静注)
  • プリンペラン®10mg 静注・筋注(嘔気・嘔吐+)
    (・セルシン®(ベンゾジアゼピン)静注・筋注) 興奮↓
    →約1時間後症状改善を確認して、帰宅。

症状改善し、帰宅可能になれば
【処方】

  • メリスロン®(6mg) 3T分3毎食後×3日分
  • デパス®(0.5mg)3T分3毎食後×3日分(orセルシン®(2mg)3T分3毎食後×3日分)

治療(末梢-突発性難聴の場合)

不可逆的な難聴を予防するためステロイド

  • ガスター®1A(20mg/A) +生食20ml 緩徐に静注
  • ソル・コーテフ®1V(250mg/V) +生食50ml 点滴
  • アデホス-Lコーワ注3号 4A(20mg/2ml/A)+生食50ml 点滴
    耳鼻咽喉科入院

治療(中枢性めまいの場合)

帰宅可能な一過性脳虚血発作(TIA)s/o
→バファリン®(81mg) 1T分1 朝食後7日間
→1週間以内に神経内科外来受診指示。

入院適応あるなら、
→細胞外液100~200ml/hで内科コンサルト。

帰宅させるときにもう一度チェックすべきことは?

  • 高齢での初回発作ではない?
  • 頭痛を伴わない?
  • HT、DM、HLなどの既往は?
  • 安静にしても高血圧持続してない?
  • 嘔吐は持続してない?
  • 頭位を固定したらめまいは改善する?
  • 経過観察して歩けるようになった?
  • 神経症状ない?
  • 垂直性の眼振ない?
参考)Epley法とは?
  1. 患側(右とする)を下45度に傾け仰臥位に、じっくり待つ。 ※めまい・嘔気が起こっても元の位置に戻さない。
  2. めまいが治まってから、頭を下げたまま反対側斜め45度を向く。
  3. 頭を下げたまま左仰臥位になり、顔は斜め下地面側に向ける。
  4. 足を出して、頭を前屈(おじぎ)したまま起こし座位にする。
    ※頭位を下に向けた状態で24-48時間過ごす。

Epley法実施後の注意点は?

  • 実施当日は就寝まで寝ない 座位または立位を保持
  • 眠る時も枕を高くする(3日間)
  • 患側を下にしない(3日間)

眼振ないとき→外側半規管結石症疑いsupine roll検査へ

Sponsored Link

 

関連記事はこちら