Sponsored Link

crowned dens症候群(クラウンデンス症候群)

  • 高齢女性の数%に認める。
  • 環椎十字靭帯の冠状の石灰沈着像。以下の症状を伴った場合、形状からcrowned dens症候群あるいはcrown dens症候群と呼ばれる。
  • 誘因なく急性の頚部痛や頭痛が出現。
  • 原因は環軸十字靭帯ピロリン酸カルシウム(CPPD)やハイドロキシアパタイトが沈着することによる。偽痛風と呼ばれる疾患の範疇に属する。
  • 発熱や炎症反応上昇を伴う。
  • 治療は対症療法(局所安静やNSAIDs)で数日で軽快。

画像所見

CT
  • 歯突起周囲を取り巻くように、冠状に石灰化沈着を認める。
MR
  • 歯突起周囲に靭帯肥厚や滑膜肥厚があり、造影剤異常増強効果も認める。
  • 環軸関節周囲の液体貯留。
  • 歯突起骨髄の異常信号を付随することもある。
骨シンチ
  • 活動期の異所性石灰化巣へ集積を認めるため、頚部痛の原因部位を同定できる検査として施行される。
ピロリン酸カルシウム結晶沈着の脊椎病変の好発部位
  • 椎間板の線維輪
  • 椎間関節
  • 仙腸関節
  • 後縦靭帯・黄色靭帯・棘間/棘上靭帯
  • 環椎横靭帯=crowned dens症候群
症例 70歳代女性 頚部痛

crowned dens syndrome

歯突起(C2)の周辺に冠状の形態を示す石灰化あり。
動画で学ぶcrowned dens症候群

▶キー画像

crowned dens crowned dens1 crowned dens2

Sponsored Link

 

関連記事はこちら