TFCCとは?

TFCC(三角線維軟骨複合体:triangular fibrocartilage complex)とは、手関節尺側に位置する線維軟骨複合体を指す。

手関節の回内と回外における安定に重要な役割を果たしている。また、尺骨と手根骨の間のクッションとしての役割を果たしている。

その構成体は、

  • 関節円板(articular discまたはTFC)
  • メニスカス類似体(meniscus homologue:MH)
  • 三角靭帯(triangular ligament)
  • 尺骨三角骨靭帯(ulnotriquetral ligament)
  • 尺骨月状骨靭帯(ulnolunate ligament)
  • 掌側および背側橈尺靭帯(volar/dorsal radioulnar ligament)
  • 尺側側副靭帯(ulnar collateral ligament)
    です。

 簡単には、TFCC=TFC+MH+周辺の靭帯や腱鞘

(ただし、TFC=関節円板(articular disk, disk proper)+背側橈尺靭帯+掌側橈尺靭帯という定義もあり。

JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING 35:764–778 (2012)

mmm先生ありがとうございます!)

TFCC2

症例 40歳代女性 正常例

T2*強調像冠状断像です。

TFCC anatomy of mri1

関節円板、三角靱帯、メニスカス類似体の様子がわかります。

TFCC anatomy of mri2

尺骨三角骨靭帯の様子がわかります。

参考)

TFCC4

 TFCC損傷とは?

TFCC損傷の原因には、外傷性のものと変性によるものがあり、後者の頻度高い

高齢者では無症状でも画像上しばしば認められるため、臨床所見と合わせて考える。

TFCC3

TFCC損傷のMRI画像所見は?

TFCCのキモであるTFCとMHの信号をチェックする。

①TFC:

線維性軟骨は均一な低信号を示す。断裂や変性を来すと靭帯の不連続性や高信号化として現れる。

外傷性の断裂は橈骨付着部に、変性は中心部に多い

尺骨との結合部は血管に富む結合織からでき、T2*強調像で軽度高信号を呈し、索状の形態を呈する。

②MH:

密で不規則に配列した結合織からできており、このため、MRIでMHがTFCよりも信号強度が高い

症例1 30歳代女性

TFCC5

動画で学ぶTFCC損傷
症例2 20歳代女性 バスケット中に転倒で手関節捻挫あり。

TFCC2

TFCCの尺骨付着に断裂を疑う高信号域あり。

TFCC損傷 Palmer分類

外傷による損傷

ⅠA:中央部の穿孔
ⅠB:尺骨付着部の剥離
ⅠC:遠位側付着部の剥離
ⅠD:橈骨付着部の剥離

変性による損傷

ⅡA:TFC断裂
ⅡB:TFC断裂に、月状骨や尺骨の軟骨軟化巣を伴うもの。
ⅡC:TFC穿孔に、月状骨や尺骨の軟骨軟化巣を伴うもの。
ⅡD:TFC穿孔に、月状骨や尺骨の軟骨軟化巣、月状三角骨靭帯穿孔を伴うもの。
ⅡE:TFC穿孔に、月状骨や尺骨の軟骨軟化巣、月状三角骨靭帯穿孔、尺骨手根関節症を伴うもの。

関連記事)尺骨突き上げ症候群とは?TFCCの原因となる?



スポンサーリンク



関連記事はこちら