Sponsored Link

びまん性星細胞腫(diffuse astrocytoma)

  • 神経膠腫のなかで膠芽腫に次いで多い(28%)
  • 小児原発性脳腫瘍の中では19%を占め、最多
  • 成人の大脳半球と小児の脳幹に好発
  • 40-44歳が発生のピークで、小児期にも20%の発生を見る。
  • 肉眼的なtotal removalはせいぜい20%程度。
  • 組織学的にはWHO gradeⅡで、5年生存率は65%前後である。
  • gradeⅡであるが、浸潤性に発育し、脱分化して退形成性星細胞腫(WHO gradeⅢ)、膠芽腫(WHO gradeⅣ)へと進行して行くことが多い。
  • 3つの亜型があり、それぞれ臨床像が異なる。原線維性(fibrillary)が基本形。

画像所見

  • 成人の大脳半球の皮質下白質に、境界明瞭な高信号域をT2強調像やFLAIR像で呈する。しばしば、周囲の脳実質に浸潤し、境界不明瞭。
  • 軽度の容積効果を脳溝など周囲構造に示すが、造影増強効果は乏しい。(血液脳関門が保たれているから)
  • 石灰化は少なく(15~20%)、腫瘍内出血は稀。

脳幹膠腫 Brain stem glioma

  • 中脳、橋、延髄などから発生。に発生するものが大部分。
  • 小児に好発 (平均年齢は7歳)
  • 橋発生の多くはびまん性に浸潤。Grade  Ⅱの星細胞腫が多い。
  • 放射線治療が選択されることが多いが、予後不良。中脳や延髄発生では限局性のものが多く、比較的予後良好 。

画像所見

  •  T1強調像で低信号、T2強調像で高信号 、 造影効果は弱いか、もしくはみられない。
  • 石灰化や出血は少ない。
  • 画像診断のみで治療方針が決定される。
  • 腫瘍組織を得ることが部位的に困難。典型的な画像所見が得られれば、組織学的確認なしに放射線治療などの治療方針が決定。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら