副鼻腔骨腫(osteoma of paranasal sinus)

  • 骨腫は骨から発生する良性の骨形成性腫瘤。
  • 副鼻腔の壁に沿った境界明瞭で、辺縁平滑な結節状の高吸収(骨硬化像)として認める。
  • 頭部CTで偶発的に発見される事が多い。
  • 前頭洞や篩骨洞に好発する。
  • 無症候性が多く通常単発。
症例 60歳代男性 転倒

副鼻腔骨腫(osteoma of paranasal sinus)のCT画像

頭部CTの骨条件です。

横断像および冠状断像において、篩骨洞の左側に境界明瞭な骨硬化像を認めています。

副鼻腔骨腫を疑う所見です。