Sponsored Link

神経膠嚢腫(neuroglial cyst)とは?

  • 胎生期の神経管の内腔が、脳の白室内で隔離された嚢胞性病変。
  • 非腫瘍性であり、良性嚢胞である。
  • 脳内嚢胞性病変の1%未満1)
  • 前頭葉が最も頻度が高い1)
  • 無症状で偶然発見され、治療の対象になることは稀。

神経膠嚢腫(neuroglial cyst)の画像所見は?

  • CTやMRIにおける画像では、境界明瞭な嚢胞で、内部は脳脊髄液と同様の吸収値・信号強度を示す。(T2強調像で高信号、T1強調像で低信号。)
  • 石灰化や辺縁の信号変化も通常は認めない。
  • また嚢胞壁は造影効果を認めない。
  • 脳室と交通を有さない。

神経膠嚢腫(neuroglial cyst)が疑われた5症例。

症例① 30歳代女性

neuroglial cyst mri findings5

症例② 50歳代女性

neuroglial cyst mri findings1

症例③ 70歳代男性

neuroglial cyst mri findings2

症例④ 80歳代男性

neuroglial cyst mri findings4

症例⑤ 80歳代男性

neuroglial cyst mri findings3

 

脳内に認める嚢胞性病変で、脳室との連続性がないものはこの神経膠嚢腫(neuroglial cyst)かもしれません。

参考文献:
1)Radiology. 2006;239 (3): 650-64
臨床画像 Vol.27,No.1,2011 P14

Sponsored Link

 

関連記事はこちら