Sponsored Link

骨転移の疼痛の治療には、

  • 解熱鎮痛薬
  • 麻薬系鎮痛薬
  • ビスホスホネート
  • 化学療法、ホルモン療法
  • 放射線治療(外照射)
  • アイソトープ治療(89Sr(ストロンチウム))

があります。

今回はアイソトープ治療(89Sr(ストロンチウム))についてまとめました。

89Sr(ストロンチウム)とは?アイソトープ治療の特徴。

  • 半減期は50.5日、組織内でのβ線の飛程は平均2.4mm。
  • β線放出各種
  • Ca2+とのイオン交換により骨形成部位に集積
  • 2MBq/kgを静脈内投与し、最大141MBqである。そのため退出基準を満たし外来治療が可能。
  • 骨に集積しなかったストロンチウムの90%以上は尿から排泄されるため、投与ご数日は十分な水分摂取をする。
  • 早期の治療が効果的とされる。
  • 投与して1-2週間から効果が約70%に現れ、その効果は数ヶ月持続する。
  • 骨髄抑制以外の副作用が少ない。
  • 何度でも治療を行える。
  • ただし、反復投与する場合は、骨髄抑制との関係から少なくとも3ヶ月以上間隔を空ける必要がある。
  • 疼痛対策のみでなく、抗腫瘍効果もある。

89Sr(ストロンチウム)によるアイソトープ治療の適応

  • 乳癌前立腺癌の固形癌の骨転移である。
    (造骨性で多発の転移が良い適応となる)
  • 他の治療法で疼痛コントロールが不十分である。併用可能。
  • 骨シンチグラフィで疼痛部位に一致する集積を確認している。

89Sr(ストロンチウム)によるアイソトープ治療の禁忌

  • 重篤な骨髄抑制がある
  • 妊婦である、あるいは妊娠している可能性がある場合

重篤な骨髄抑制とは、具体的には

  • ヘモグロビン量<8g/dl
  • 白血球数<2,000/μL
  • 好中球数<1,000/μL
  • 血小板数<50,000/μL
    (治療の適正使用マニュアル)

89Sr(ストロンチウム)によるアイソトープ治療の慎重投与

  • 骨髄抑制・感染症・腎障害・高齢者
  • 化学療法、外照射と併用する場合。

参考文献)わかりやすい核医学 P291-292

Sponsored Link

 

関連記事はこちら