Sponsored Link

Fitz-Hugh-Curtis症候群とは?

  • クラミジア(Chlamydia trachomatis)や淋菌は骨盤腹膜炎を引き起こす。その骨盤腹膜炎(PID)が上行感染し、肝周囲の限局的な腹膜炎(肝周囲炎)を起こすことがあり、これをFitz-Hugh-Curtis症候群という。
  • 近年クラミジアの頻度が上昇している。
  • 上行感染する経路としては、右傍結腸溝を介して腹腔内を直接進展していくほか、リンパ行性の経路が考えられている。
  • 上腹部痛(特に右季肋部痛)を主訴とする。これは肝周囲炎が肝臓被膜や腹膜へ及ぶことが原因と考えられている。
  • 骨盤腹膜炎の3週〜3か月後に発症することが多いが、先行する骨盤腹膜炎(PID)の症状が乏しく、上腹部痛(特に右季肋部痛)を初発の主訴として受診することがある。
  • 女性に多く見られ、若年女性の急性腹症としては鑑別に入れるべき疾患。
  • 急性期は肝臓表面の滲出性炎症であり、慢性期には肝臓表面と腹壁の間に線維性癒着を生じ、その腹腔鏡における肉眼的外観からviolin-string appearanceと呼ばれる。
  • 診断は血清学的抗体化の上昇、尿PCR、頸管スワブから診断されることが多い。
  • 治療はテトラサイクリンやエリスロマイシンなどの抗生物質。

Fitz-Hugh-Curtis症候群のCT画像所見は?

  • ダイナミックCTで造影早期相での肝被膜(内側区から右葉外側区中心)に沿った造影効果を認める。ただし遅延造影を認めることもあり、こちらは炎症に伴う線維性の変化を反映していると考えられる(線維性変化はゆっくり造影される。)。肝周囲に限局性の液貯留が起こることもある。
  • 加療後はこの所見は消失する。
  • 骨盤感染症を疑うCT所見は必ずしも認められない。時として卵管水腫や卵管炎などを疑う所見が認められることがある。
症例 20 歳代の女性。右季肋部痛を主訴に来院。

fitz-hugh-curtis

2016年放射線科診断専門医試験44より引用。

造影早期相に置いて肝表面に造影効果あり。若年女性の右季肋部痛であり、Fitz-Hugh-Curtis症候群を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら