Sponsored Link

先天性食道閉鎖症とは?

  • 先天的に食道が閉鎖し、内腔が中断したもの。
  • 食道と気管との異常な交通(気管食道瘻)を認めることがある。
  • 胎児期に母体の羊水過多の原因となる。
  • 遺伝性はない。
  • 低出生体重児に多い。
  • 心奇形を合併することがある。
  • Gross 分類が知られており、中でもC型(下部食道が気管と交通)が約85%で最多、ついでA型 (気管食道瘻がない)が約10%。
  • 出生時体重・ 重症合併奇形・肺合併症などを総合的に考慮し、一期的根治術あるいは分割(多段階)手術を行う。
  • Gross分類のイラストは→日本小児外科学会のサイト

先天性食道閉鎖症の画像所見は?

  • レントゲンにて経鼻胃管のcoil up signあり。
  • C、D、E型では肛側消化管が気管と連なり腸管ガス像を認める。
  • 食道造影とレントゲンで診断をする。
  • 食道造影では、食道瘻が存在する可能性があるためバリウムでの施行は禁忌。水溶性の造影剤(ガストログラフィン)を用いる。
症例  新生児。食道閉鎖と診断されている。

congenital-esophageal-atresia

2016年放射線科診断専門医42より引用。

 

経鼻胃管が胃に到達せず、食道部位で反回している。食道盲端があると考えられる。胃や腸管にはガスを認めており、下部食道が気管と交通していることが示唆され、最多であるC型と考えられる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら