Sponsored Link

舟状月状骨解離(scapholunate dissociation)とは?

・文字どおり、舟状骨と月状骨が解離する状態。靭帯損傷や骨折により手根骨の配列異常をきたし、症状をきたすもの(手根不安定症(carpal instability))の中で最も頻度が高い。

  • 舟状月状骨靭帯
  • 橈骨舟状骨靭帯

の緩みや断裂により生じると言われる。

・SLAC wristの原因の一つ。

・月状骨周囲脱臼よりも頻度が高いが、より軽い損傷である。

舟状月状骨解離の診断は?

レントゲン正面像

舟状骨と月状骨の距離が2(3)mm以上で疑われ、4(5)mm以上で確定される。

他、正面像で舟状骨が短縮してリング状に見え、側面像で月状骨の異常掌屈がなく舟状月状骨角が増大する。

MRI

舟状骨と月状骨の間に関節裂隙の開大を認め、本来低信号である靭帯内に異常な高信号を認める。

SLAC wirstとは?その原因は?

SLAC wristとは舟状骨・月状骨・橈骨の配列の乱れ、適合性に異常が生じ、関節症へと至る病態。

原因としては、

  • 舟状月状解離
  • 舟状骨偽関節
  • 舟状骨窩に骨折の及ぶ遠位橈骨骨折
  • キーンベック病

など。

参考)臨床画像 vol.28,No.5,2012 P617-618、関節のMRI P380-381

Sponsored Link

 

関連記事はこちら