Sponsored Link

食餌性イレウス(food ileus)

研修医
食餌性イレウスって何ですか?
指導医
要は消化の悪いものを食べて、それが原因でイレウスを起こした状態です。

・頻度はイレウス全体の1%前後。機械性イレウスに分類される。

・閉塞部位は下部小腸に多い。

・原因として、餅、ごぼうの様な咀嚼困難なもの、昆布の様な水分で膨化するもの、コンニャク、椎茸のような消化の悪いものなどがある。

食餌性イレウスのCT所見は?

餅はCTで高濃度病変として描出される。

・CTでは、小腸内にガスを含んだ糞便様物質(small bowel feces sign,bubbly mass and impaction)、その口側の小腸が拡張する。

指導医
小腸内は通常液体成分ですから、糞便様物質があるだけでおかしいと思い、イレウスの閉塞起点ではないか?とチェックしましょう。
症例 70歳代男性 腹痛、嘔吐

food ileus

指導医
下部小腸に内部にairを含んだ食餌があり、そこから口側が拡張した症例です。ピンク色が残渣、水色が拡張した口側の腸管です。
この症例を動画で見て見る。
食餌性イレウスおよび口側の拡張をわかりやすくしたポイントのみを提示した動画(音声なし)。

症例 70歳代男性 腹痛

small bowel feces sign

こちらの症例も同様。

指導医
小腸イレウスを見たときに、腸管の拡張が始まる部位の小腸内に空気を含んだ残渣様のものがないかをチェックするようにしましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら