Sponsored Link

骨巨細胞腫(giant cell tumor of bone)

・腫瘍の発生起源は不明。

・原発性骨腫瘍の4-10%、良性骨腫瘍の20%程度を占める。

・骨端線の閉じた成人に好発する。

・好発年齢は20-30歳代。

長管骨の骨幹端から骨端にかけてみられるのが特徴。特に、大腿骨遠位、脛骨近位、上腕骨近位、橈骨遠位などに多い。仙骨(7%)をはじめとした椎体や腸骨にもみられる。

・9割程度で関節面から1cm以内にまで及んでいる。

・肺転移を来すことがあるが、予後は良好。

・15%程度に動脈瘤様骨嚢腫への変化を認める。

・治療は掻爬骨移植。ただし再発率が5割程度と高く、腫瘍の確実な摘出が重要。

骨巨細胞腫の画像所見

・レントゲンやCTにて骨硬化縁を伴わない辺縁明瞭な骨吸収像を示すことが多い。

・骨膜反応はシェル型(大きな波状)が典型的。部分的に不連続にあることもある。またしばしば分葉状の輪郭(soap bubble appearance)を来す。

・血流は豊富であり、強く濃染される。

・腫瘍内に石灰化は見られない。

・MRIにて嚢胞成分ヘモジデリン沈着など多彩な所見を認める。ヘモジデリン沈着は腫瘍内の豊富な血流および貪食能を反映。T2WIおよびT2✴︎WIにて低信号となる。

・特に高齢者でヘモジデリン沈着を伴うことが多い。

中年の骨端を侵す原発性骨腫瘍の鑑別
  • 骨巨細胞腫
  • 淡明細胞型軟骨肉腫
  • 線維性組織球腫 など

Sponsored Link

 

関連記事はこちら