Sponsored Link

胃・十二指腸潰瘍

  • 胃・十二指腸粘膜に生じて、粘膜筋板を越えて深く組織が欠損した状態。
  • 胃の良性陥凹性病変で最多。癌との鑑別が重要。
  • 潰瘍よりも浅い状態をびらんという。
  • 胃潰瘍は幽門線領域と胃底線領域との境界に好発する。
  • 加齢により胃粘膜は萎縮をきたし、その境界が口側に移動する。そのため加齢により潰瘍の好発部位も口側に移動する。
  • 胃潰瘍は小彎側>>後壁、前壁>大彎に発生する。大彎の潰瘍性病変では癌を考慮。
  • 症状は、心窩部痛、腹部膨満感、悪心、嘔吐、胸焼け、食欲不振など。突然の吐血(コーヒー残渣様)、下血(タール便)、貧血やショックをきたすことがある。
  • H.pylori感染とNSAIDsの内服が主な原因。
  • 検査は内視鏡検査で辺縁平滑な潰瘍性病変を確認するか、上部消化管造影で、ニッシェ(niche)やひだの集中像を確認することによる。
胃潰瘍 十二指腸潰瘍
好発年齢 40-60歳代 20-40歳代
男女比 1:1 3:1
心窩部痛 食後 空腹時
胃粘膜萎縮 あり なし〜あり
胃酸分泌 低下 上昇
好発部位 胃角部小彎側 球部前壁

胃潰瘍の分類

  • Ul Ⅰ:欠損が粘膜層内に止まる。粘膜筋板に及ばないもの。びらん。
  • Ul Ⅱ:粘膜筋板が断裂し、欠損が粘膜下層に及ぶもの。これ以上が潰瘍。
  • Ul Ⅲ:欠損が固有筋層まで及ぶ。
  • Ul Ⅳ:固有筋層を断裂するもの。

胃・十二指腸潰瘍の画像診断

  • 上部消化管造影で、組織欠損部に造影剤が貯留する。これをニッシェ(niche)という。
  • 潰瘍は正面像(en-face niche)および側面像(profile niche)で観察をする。
  • 鄒壁の集中像、小彎短縮および反対側の陥入などの二次的な胃の変形を認める。
  • 活動期では潰瘍の辺縁が浮腫状に隆起する。圧迫像ではニッシェの周りに帯状の透亮像を認める。これをHampton’s lineと呼ぶ。
  • 治癒過程で潰瘍は縮小し、ニッシェは消失、粘膜鄒壁の集中像が見られるようになる。
  • 線状潰瘍(linear ulcer)小彎に直行して走行する。通常3mm以上の長さのものをいう。長いほど潰瘍の発生からの経過が古い。胃の小彎が著しく短縮して嚢状胃となる。
  • 接吻潰瘍(kissing ulcer)は胃長軸に対称的な部位に生じる2個の潰瘍のこと。
症例 40 歳代の男性。心窩部痛。

linear ulcer2007年放射線科診断専門医試験問題59より引用。

立位充盈像正面で、胃体下部の大弯側に陥凹を認めている。
小弯側のニッシェははっきりしない。
仰臥位二重造影像正面でも大弯側に陥凹あり。
小弯側の変形と線状潰瘍瘢痕が疑われる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら