Sponsored Link

脊髄血管芽腫(hemangioblastoma)

・全髄内腫瘍の3%程度。

境界明瞭で血管に富む腫瘍。

・WHO grade1に分類される良性腫瘍。

・発症年齢は30歳前後。

・主訴は感覚障害、運動障害など。無症状のこともあり。

胸髄(50%)、頸髄(40%)で見られる。多発性の場合はvon Hippel Lindau病を考慮。

・2/3は髄内発生。

・2/3は単独に存在し、1/3はvon Hippel Lindau病を合併。

・症状は、運動感覚異常を初発に来たしやすい。また固有知覚障害を来たしやすい。

脊髄血管芽腫の画像診断

・びまん性の脊髄腫大、腫瘤はT1WIで等~低信号T2WIでは典型的にはflow voidを含む高信号を示す。周囲の浮腫も見られる。

造影MRIでは強く均一に増強される。(大きくなると不均一になる)

腫瘍の上下に嚢胞を伴うことが多い(75%) 内容液はタンパク質に富み、腫瘍からの浸出液と考えられている。

・約半数で脊髄背側に拡張蛇行した血管が見られる。

脊髄空洞症を高頻度で認める。

・時に、腫瘍内出血を呈して、周囲にヘモジデリン沈着を認める。

Sponsored Link

症例 40 歳代の男性。対麻痺。

hemangioblastoma2011年放射線科診断専門医試験問題9より引用。

胸髄のびまん性の腫大あり、造影MRIでは強く均一に増強される箇所あり。T1WIでは等信号、T2WIでは淡い高信号。周囲にはflow voidあり。上下はT2WIで高信号を示しており、嚢胞か。hemangioblastomaを疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら