未熟奇形腫(immature teratoma)

・未熟な胎児成分を含む神経外胚葉組織。未熟な成分と成熟した胎児性成分を含む。

・未熟な部位は大小の無数の嚢胞と充実部が混在する。

・卵巣の奇形腫の中でも1%以下と稀。

・20歳以下の若年者に多い。

・大きな充実性腫瘤の形態を呈する。平均18cm。

・脂肪が少ない。脂肪や石灰化は成熟嚢胞性奇形腫と比較して細かい。ばらばらと散らばる

・未熟組織の量によりgrade1-3に分類する。

・Ⅰa期かつgrade1以外は予後不良。

・奇形腫を背景に、扁平上皮癌、腺癌、悪性黒色腫、横紋筋肉腫などが発生することがある。

・しばしば腹膜播種をきたす。リンパ節転移することもある。

・AFPが60%で高値になる。卵黄嚢腫瘍成分を含むと高くなる。

未熟奇形腫の画像所見

石灰化や脂肪成分がばらばらと散らばって認められる。脂肪成分は、T1WIで小さな高信号を示し、脂肪抑制T1WIで抑制される。

・成熟嚢胞性奇形腫と異なり脂肪成分は少ない。

造影される充実部あり。

・周囲への浸潤所見を認めやすい。

・組織学的なgrade分類が治療には重要であるが、画像上でのgarde分類は困難なことが多い。

・成熟嚢胞性奇形腫の悪性転化との鑑別が問題となることがあるが、成熟嚢胞性奇形腫では壁在結節が出現する形態が一般的。

症例 20 歳代の女性。腹部膨満感。

immature teratoma mri

2011年放射線科診断専門医試験問題61より引用。

多房性嚢胞性腫瘤あり。脂肪成分が巻き散らかされたように点在する。未熟奇形腫を疑う所見。

 

症例 0 歳女児。腹部腫瘤。

immature teratoma2012年放射線科診断専門医試験問題64より引用。

巨大な嚢胞+造影効果を有する充実部位を持つ腫瘤内に脂肪および石灰化あり。未熟奇形腫を疑う所見。


関連記事はこちら