Sponsored Link

99mTc-PMT 胆道シンチグラムとは?

  • 99mTc-PMTを用いる。
  • 胆囊機能や胆道の通過性を評価するのに用いられる。
  • 前処置では最低4-6時間以上の絶食が必要。
  • 静注後、5,10,20,30,45,60分に撮影をする。45あるいは60分で胆嚢が十分描出されていれば、胆嚢収縮剤を投与する。
  • 60分撮影時に胆嚢の描出や、腸管内への排泄がない場合は、90分、120分、180分、24時間など追跡を必要に応じて行う。
  • 静注後、肝細胞に取り込まれ→肝内胆管→肝外胆管→十二指腸へと排泄される。
  • 正常では、静注3~5分後に肝、10~20分で胆嚢・総胆管、30分後に腸管へ排泄される。大まかに20分で総胆管と覚える。
  • 胆嚢の充満は静注後、60分以内が正常。
  • 乳児黄疸の鑑別:乳児肝炎か先天性胆道閉鎖。24時間後でも胆道・胆管排泄が見られないのが先天性胆道閉鎖症。

肝胆道シンチグラムの適応

  • 黄疸の鑑別診断(閉塞性黄疸と肝細胞性黄疸)
  • 新生児黄疸の鑑別診断(乳児肝炎と先天性胆道閉鎖)
  • 総胆管嚢腫の診断
  • Caroli病の診断
  • 体質性黄疸の鑑別診断(Gilbert、Rotor、Dubin-Johnson症候群)
  • 急性胆のう炎の診断
  • 肝内結石症の診断
  • 胆汁漏出の検出、blilomaの診断
  • 胆道再建術後の評価
  • 肝腫瘍およびFNHの評価
  • 胆嚢および胆道機能の評価
  • 原発性硬化性胆管炎の診断

など

Sponsored Link

 

症例 50 歳代の女性。黄疸を主訴に来院

99mTc-PMT2013年放射線科診断専門医試験問題72より引用。

30分待っても、60分待っても、120分待っても、腸管の描出がされていない。総胆管は微妙だがやや見えている。


症例 生後 20 日の新生児。肝・胆道シンチグラフィ。

99mTc-PMT12011年放射線科診断専門医試験問題75より引用。

15 分後で膀胱が描出されており、胆汁排泄は不良である。24 時間後まで腸管が描出されず、胆道閉鎖症の所見である。


 

症例 20 歳代の男性。肝腫瘤の精査。

99mTc-PMT2006年放射線科診断専門医試験問題71より引用。

早期像にて肝左葉に腫瘤あり、集積あり。正常肝徐々に排泄されているのに対して、左葉の腫瘍には集積残存がある。肝・胆道シンチグラフィで集積するためには、肝細胞の性質が必要であり、FNHや肝細胞がんが疑われる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら