Sponsored Link

横隔膜損傷(破裂)

・全外傷の0.1%。胸腹部外傷の3-5%程度に見られる。

・通常腹部鈍的外傷に伴って起こる。

・腹腔内圧の上昇により、横隔膜に高い圧力がかかり、横隔膜が破裂する。

・腹腔内臓器が胸腔内に脱出し、緊急度が高い疾患。

左側横隔膜破裂が9割を占める。右側は肝臓で保護されているから。

・右側横隔膜破裂の診断は難しい事が多い。またヘルニアのない横隔膜破裂の診断も難しいことが多い。

Sponsored Link

▶︎日本外傷学会臓器損傷分類2008(横隔膜損傷)

  • Ⅰ型:挫傷(diaphragmatic contusion)
  • Ⅱ型:非全層性裂傷(non-transmural laceration)
  • Ⅲ型:全層性裂傷 (transmural laceration)
    a:横隔膜ヘルニアを伴なわない。(without diaphragmatic hernia)
    b:横隔膜ヘルニアを伴う。(with diaphragmatic hernia)

▶︎横隔膜損傷の4損傷形態

  • 横隔膜挙上症(diaphragmatic elevation)
  • 横隔膜裂傷(diaphragmatic tear)
  • 横隔膜破裂(diaphragmatic rupture)
  • 横隔膜ヘルニア(diaphragmatic hermia)

横隔膜損傷(破裂)の画像所見

・胸部単純X線にて、胃泡が横隔膜よりも上方へ移動、他の消化管も上方偏位することが特徴。

症例 30 歳代の男性。交通事故。

diaphragmatic rupture2013年放射線科診断専門医試験問題31より引用。

左肺は虚脱を認め、胃泡の挙上あり。左横隔膜破裂を疑う所見。右気胸あり。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら