Sponsored Link

スキルス胃癌(Scirrhous carcinoma)

・硬癌とも呼ばれる。4型胃癌。

・胃癌の7-10%。

若年者女性に多い。

Sponsored Link

進行が早く、再発率、腹膜播種の頻度が高く、予後不良

・早期には症状に乏しく、見つかったときには進行していることが多い。

・Helicobacter pyloriとの関連は少ないと言われている。

・癌細胞が粘膜下を伸展し、豊富な線維性組織の増生を伴う。そのため、イカべは伸展不良となり、硬化しやがて胃腔は狭小化する。

・癌組織の多くは低分化型腺癌もしくは印環細胞癌

・若い女性で胃前庭部に鳥肌胃炎がみられたら、必ず胃体部のスキルス疑う。

スキルス胃癌の画像所見

・胃透視にて胃壁の伸展不良、硬化像、変形を示す。立位でも二重造影の仰向けでも同じような胃形を示す事が多い。鉄管状胃、砂時計胃、leather bottle stomachなどと呼ばれる特異な形態を示す。

・巨大な鄒壁を示す疾患は、スキルス胃癌のほか、Menetrier病、悪性リンパ腫などがある。スキルス胃癌以外は柔軟性がある。

・CTでは胃壁のびまん性の肥厚として認められる。

・転移性病変もびまん性の浸潤をきたし、シート状の肥厚を認めることが多い。

・FDG PETにおいては、高分化な胃癌が強い集積を示すのに対して、粘液成分が多い組織型や印環細胞癌は集積が乏しい。したがってスキルス胃癌も乏しい傾向にあり。

症例 30歳代女性

Scirrhous carcinoma Scirrhous carcinoma1

びまん性に胃は壁肥厚あり。粘膜の造影効果増強あり。スキルス胃癌右卵巣には転移を疑う腫瘤あり。ダグラス窩には腹水貯留あり。腹膜の肥厚および造影効果増強を認めており癌性腹膜炎の可能性。

症例 70歳代男性

Scirrhous carcinoma2

びまん性に胃は壁肥厚あり。粘膜の造影効果増強あり。スキルス胃癌。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら