悪性外耳道炎

・高齢者で、糖尿病患者免疫不全患者に生じやすい。

緑膿菌、黄色ブドウ球菌、真菌感染による外耳道炎。外耳道の骨・軟骨接合部から生じる。

・症状は外耳道炎が広範囲におよび、耳漏、疼痛。

・外耳道に肉芽形成→側頭骨内に進展すると顔面神経麻痺や骨髄炎を生じ、顎関節痛をきたす。

・劇症型では、顔面神経や脳神経(Ⅸ、X、XI)に異常をきたす事がある。予後不良因子はこの脳神経障害で、多発脳神経障害を合併した場合の死亡率は87%という報告あり。

・治療は、糖尿病のコントロール、抗生物質の全身投与、高圧酸素両方。

・再発率は15-20%。再発までの期間は4ヶ月〜1年。

悪性外耳道炎の画像所見

・外耳道は腫脹し狭小化することあり。

・CTでは、骨髄炎を示唆するような骨破壊像の有無、膿瘍の有無をチェック。

・骨シンチやガリウムシンチで、骨破壊や炎症の範囲を同定する。

耳痛の鑑別診断
  • 中耳炎
  • 外耳道炎
  • 異物
  • 外傷
  • 悪性外耳道炎
  • 乳様突起炎
  • 鼓膜穿孔、耳小骨脱臼を伴う中耳炎
  • 咽後膿瘍/扁桃周囲膿瘍


関連記事はこちら